代表弁護士紹介

山本直道(Naomichi YAMAMOTO)

- 弁護士・公認会計士

 

  • 1991年 慶應義塾大学経済学部 卒  

  • 2001年 司法研修所 終了  

  • 2007年 Northwestern University School of Law 卒(LL.M)

 

公認会計士(13360) 

     1992年2次試験合格、1995年3次試験合格

      

弁護士 (28966)

     1999年司法試験合格

 

アーサーアンダーセン(当時)では多数の一般事業会社の監査業務に従事

 

東京青山・青木・狛法律事務所ベーカー&マッケンジーでは、ファイナンス部門の他、タックスやコーポレート分野についても経験を積む。

 

2012年5月 千代田区麹町にて独立開業

2015年4月 現在地に移転

 

 

主要著書・論文

  • 判例研究 中国来料加工をめぐるタックスヘイブン対策税制の適用判断(『税務弘報』 中央経済社、2012年11月号)

  • 合憲限定解釈を用いて画期的な判断! 厚生年金基金の脱退に関する長野地裁判決の検討と実務への影響(『税務弘報』 中央経済社、2012年11月号)

  • アジア・ビジネスの法務と税務―進出から展開・撤退まで 東京青山青木狛法律事務所ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業) (編集) 分担執筆 中央経済社(2011-8)

  • 判例解説 最高裁平成23年3月22日判決に学ぶ源泉所得税の取扱い(『税務弘報』 中央経済社、2011年8月号)

  • 実務解説 確定給付年金の規約変更のハードルは? 年金債務の削減の進め方と法務上の留意点(旬刊経理情報, 中央経済社 2010-01)

  • シナジー効果が「のれん」に与える影響と留意点--M&Aの破談回避の考え方(旬刊経理情報  中央経済社 2006-8)

  • 『会社法手続きマニュアル』(共著、新日本法規、2003年).

 

主要講演(外部向けセミナーの一部)

• 『過年度遡及修正の法務と実務~過去の不適切な会計処理が発覚した場合の具体的対応について~』 (2010年 宝印刷ビジネスセミナー)

• 『年金債務の削減の進め方と法律上の留意点』 (2010年 企業研究会)

• 『財務リストラクチャリング手法~企業財務・ファンド・SPC等、財務再構築のための法務と税務・会計~』 (2009年 金融財務研究会)